中央加熱タイマーのインストール方法

中央加熱タイマーは、中央加熱システムが作動する間隔を制御する。このようなデバイスを持つことは、電気代を削減するだけでなく、カーボンフットプリントを削減するためにも役立ちます。これは、特定の時間が経過した後に、セントラルヒーティングシステム全体またはその一部をオフにすることによって行います。簡単に言えば、暖房システムは稼動し続けず、貴重な燃料を無駄にしません。あなたの家や建物を一般的に改善するには、以下の手順に従ってセントラルヒーティングシステムにタイマーを組み込みます。

•セントラルヒーティングシステムと互換性のあるタイマー機能付きセントラルヒーティングプログラマー•ウォールプレート•ヒューズ•ドライバーといくつかのネジ•ドリル•1組の手袋

必要な工具と材料

活電で作業する場合は、メインブレーカーをオフにしてから、設置作業を開始してください。あなたが慎重にあなたのドリルを使用し、負傷を防ぐために、全体のプロセス中に手袋を着用していることを確認してください。プログラマを電力サージから保護するために、回路にヒューズを組み込んでください。これらの予防措置を踏んだら、プログラマーのインストールに移りましょう。

ステップ1 – 適切な注意を払う

正しいプログラマを選択するのは難しい作業です。それは加熱システムの種類に大きく依存する。一般的に、水ボイラーとヒーターを別々に制御する必要がある場合は、二重回路プログラマーを選択してください。さもなければ、モノ回路プログラマで十分である。モデルを購入し、詳細なインストール手順を説明するmakeを使用すると便利です。

ステップ2 – プログラマーの選択

このステップを正確に実行するには、ウォールプレートに付属の説明書を参照してください。ウォールプレートは、信号がプログラマから中央加熱システムへと流れるノードである。一般に、このプレートは壁に穿孔されなければならない。この場合、お客様の都合に合わせてプレートを取り付ける際には非常に注意してドリルを使用してください。ウォールプレートはさまざまな形とサイズで提供され、一部には9ピンインターフェイスがあり、その他には16ピンインターフェイスが付属しています。プログラマーとの互換性の詳細については、販売店にお問い合わせください。

ステップ3 – ウォールプレートの取り付け

インストラクションを使用して、ドライバーを使用してプログラマーをウォールプレートまたはネジに差し込みます。端子を確認し、メインブレーカをオンにします。それはそれと同じくらい簡単です。プログラマーが正しく機能しているかどうかをテストしてください。そうでない場合は、専門のトラブルシューティングのために電気技師またはエンジニアにお問い合わせください。プログラマを使用して時間を設定する正しい方法を決定するには、取扱説明書をよくお読みください。許容時間内に2時間の加熱で十分であれば、電気代を節約できるようにタイマーを設定してください。事故の発生を防ぐために工具をはずし、作業エリアを掃除してください。

ステップ4 – プログラマのインストール