オートバイの点火コイルを取り付ける方法

オートバイの点火プラグが損傷しなくても、また自転車のエンジンが頻繁に停止しても、新しいオートバイの点火コイルが必要であることがわかります。オートバイ用に1つ以上の新しいイグニッションコイルを取り付けるには、以下の指示に従ってください。

エンジンのイグニッションスイッチをオフにし、バッテリのアースケーブルを外します。点火コイルと点火プラグにアクセスするために燃料タンクを取り外します。必要に応じて、オートバイのシートも取り外します。

ステップ1:新しい点火コイルを取り付けるためのエンジンの準備

点火コイルで、イグニッションスイッチに向かうケーブルと黒色のアースケーブルを外します。点火カバーとガスケットをはずしてください。カバープレートを保持しているリベットを取り外すには、電動ドリルで蓋を開けます。それらは、新しいイグニッションコイルに付属しているセルフスレッディングスクリューに交換されます。古いイグニッションコイルをオーム計でテストし、正常に作動していないことを確認します。

ステップ2:点火コイルの接続を外す

オートバイの中には、複数の点火コイルを備えているものもあります。混乱を避けるために、エンジンの正面から背面に順番にコイルを交換してください。新しいコイルの取り付けを容易にするために、各コイルに接続されているスパークプラグの線に印を付けます。

ステップ3:必要な部品を前面から背面に順番にセットする

一部のイグニッションコイルには直角のワイヤコネクタが必要なため、ワイヤが正しく取り付けられます。直角のブーツをワイヤに滑り込ませ、ワイヤの上に押します。イグニッションワイヤーをカッティングプライヤーとニードルノーズプライヤーで平らにし、元の銅コネクターを開き、直角コネクターの裏側に合わせてトリムします。

手順4:必要に応じてコネクタを変更する

クリンププライヤーまたはニードルノーズプライヤーを使用して、コネクタをイグニッションコイルワイヤーに折り曲げて圧着します。コネクタの小さな「耳」部分が点火コイル線に埋め込まれていることを確認してください。また、コネクタを直角コネクタにはんだ付けすることもできます。点火ワイヤと両端のコネクタとの間の抵抗をオーム計でテストします。 1つのコイルが故障した場合、その測定値は抵抗計でゼロ(「開」)になります。

ステップ5:ワイヤを新しいコネクタに接続する

直角のブーツを右の角度のコネクタを覆うようにワイヤの下にスライドさせます。点火コイル線とエンジンとの間に十分なクリアランスがあるように、ブーツカバーを回してください。

ステップ6:直角のブーツでコネクタをカバーする

ステップ7:点火コイルのカバーを再取り付けする

これらが金属カバーの場合は、ロックナット付きの自己ネジを使用してカバーを再び取り付けます。カバーがプラスチックの場合、コイルの上を滑り落ちてスナップします。

エンジンの上に燃料タンクを取り付け、取り付けボルトで固定します。燃料ラインを所定の位置に固定します。

シートをフレームに戻し、シートをシートに引っ掛けます。シートが確実に固定されていることを確認してください。

手順8:燃料タンクの再取り付け

ステップ9:オートバイのシートを元に戻す