4×8合板シートのインストール方法

一般的な4×8合板シートは、さまざまな用途に使用できます。それらの多くは建設に関連しています。合板は他の材料よりも安価であり、取り付けが容易であり、スタッド間隔に一貫して適合する均一なサイズであるため、最も一般的な用途の1つはサイディングとしてそれらを取り付けることである。しかし、インストールするだけで簡単に、インストールすることについて知りたいことがあります。以下の情報でこれらのことのいくつかを見つけることができます。

あなたの合板をサイディングに使用する場合、4インチの溝付きスタッド間隔または8インチの間隔を持つシートを使用することができます。サイディングスタッドの間隔が16インチの場合は、3/8インチの合板を使用する方が良いでしょう。 24インチのスタッド間隔の場合は、1/2インチのシートを使用します。露出したエッジは別の考慮事項です。シートの端が天候にさらされる場合は、シートの端を切り取る必要があります。

ステップ1 – 合板の厚さを決定する

厚さ1/2インチの合板パネルでさえ、重すぎて、1人の人が操縦するのにはあまりにも厄介です。特に、より良いフィット感を得るためには少しずつシフトさせる必要があるからです。だから、シートを所定の場所に持ち上げてシフトさせるのに役立つヘルパーを手に入れましょう。

ステップ2 – ヘルパーを配置する

まっすぐでレベルのサイディングを作成するには、ボトムパネルを水平にすることが重要です。ラインレベルを使用してチョークラインを水平にしてから、建物の四方にあるラインをスナップして、ボトムパネルの下端を設置します。

ステップ3 – ボトムエッジガイドを作成する

あなたの建物の一角から始めてください。ヘルパーの助けを借りて、最初のシートをコーナーに垂直に配置し、下端をチョークラインに合わせます。パネルの両側の端がスタッドで中央にあり、パネルが配管されていることを確認してください。あなたのヘルパーがパネルを保持している間に、あなたの鉛筆を使って、パネルの上端をマークして、垂木の周りに刻み目をつける必要がある場所を特定します。ノッチの両側に余分な1/8インチを残して、垂木に合わせて垂木のカットアウトを調整できるようにします。パネルが長すぎる場合は、下端からストリップを切断します。

ステップ4 – 最初のパネルを合わせる

最初のパネルを亜鉛メッキした釘を使って所定の位置に釘付け、木材が錆びて錆びないようにします。釘がスタッドに最小で1 1/2インチまで貫通するのに十分な長さであることを確認してください。パネルの端に6インチの間隔を空け、鋲の内側に12インチの間隔をあけます。パネルを追加するときは、パネル間に1/8インチの隙間を残して拡張と腫脹を許容します。ドアと窓の開口部を切断する必要がある場合を除いて、この同じ手順を使用して残りのパネルを取り付けます。

ステップ5 – パネルを取り付ける