指紋リーダー付きガレージドアパネルのインストール方法

あなたはキットを持っているので、指紋リーダー付きのガレージドアのキーパッドをインストールする方法を知りたい。選択できるさまざまなキーパッドモデルがありますが、指紋リーダー付きのキーパッドは、あなたのガレージを保護するための個人的な安全対策を追加します。インストール方法を学びましょう。

まず、梱包からすべてを取り出し、指紋リーダー付きのキーパッドを探します。重い部分とは別に袋に入れてください。同じモデルを交換すると迷惑になる可能性があるため、表面を定期的に清掃して寿命を最大限に活用してください。また、キーパッドのバッテリーを探したり、セットがない場合は購入してください。最後に、マニュアルを読んでインストールに関する特別な手順を学んでください。各ブランドには独自の手順がありますが、最終プロセスはほぼ同じです。

ステップ1 – オープナーキットを確認する

キーパッドを取り付ける前に、壁を点検してください。割れ目や壊れやすい、サポートされていないセクションを探します。そうすることで、キーパッドをセットアップするための最も安全で最も耐久性のある壁スペースを決めることができます。設置前に壁面のメンテナンスを正しく行ってください。

ステップ2 – 壁を確認する

ドリルを使用して、指紋リーダーの穴を開けます。さあ、カバーを外し、ネジが通る穴を探し、キーパッドを壁に取り付けます。ネジがはめ込まれたら、ユニットを静かに動かして、取り付けがうまくいっていることを確認してください。それが動かないと、壁の取り付けは安全です。偶発的な衝突の際に外力がそれを改ざんすることはないと信じることができます。最後に、バッテリーをキーパッドに入れてください。

ステップ3 – 指紋リーダーをインストールする

脚立を使用してウォールオープナーモーターにアクセスし、信号を設定します。 「Learn」ボタンを押してから、キーパッドに戻り、カバーを開き、「Ready」ボタンが点灯するまで数秒待ちます。

ステップ4 – オープナーとキーパッド信号を設定する

リーダーの表面が完全にきれいで乾燥していることを確認してください。 「準備完了」ボタンがオンになったら、センサーストリップに指を置いて指をスワイプし、指を下に動かしてセンサーと接触させます。この動きは指の先端で終わるはずです。スワイプするたびに常に同じ指を使用してください。 「再試行」ボタンがオンの場合は、上記と同じ手順でもう一度指を通過させてみてください。信号が機能していない場合は、「再送信」ボタンを押してください。

ステップ5 – 最初の指紋を保存する

毎日使用する場合は、リーダーを開け、「準備完了」ボタンが点灯するのを待ち、適切な指をスワイプする必要があります。これによりドアが自動的に開きます。あなたの読者にまだ問題が起きている場合は、プロバイダにお電話ください。それ以外の場合は、新しい指紋リーダーキーパッドをお楽しみください。