レンガの壁に屋根の点滅をインストールする方法

金属製屋根のフラッシングは、屋根の壁の間の隙間をシールするために使用できます。これは2階建てと2階建ての家屋で一般的に使用されています。この種の家には、しばしば壁に突き当たる屋根があります。金属屋根の点滅は、直角に曲げられた亜鉛メッキされた板金で、角度の両側に約8〜12インチあります。あなたは、レンガの壁に対してそれをインストールするために専門家を雇うことができます、またはあなたはそれを自分で行うことができます。

最初にあなたが使用する点滅の大きさを決めなければなりません。 8インチのフラッシングは、ほとんどの場合よく機能しますが、別のサイズを使用することもできます。

ステップ1 – どのような金属の点滅が必要なのかを選択する

今度は、ベースの点滅をインストールします。これは、帯状疱疹または金属屋根材の上にある可能性があります。屋根がレンガの壁に対して平らになっている場合は、屋根の側面を屋根の最後の層の下に、または屋根の上に設置する必要があります。

ステップ2 – ベースフラッシュをインストールする

ステップ方法を使用して、斜めの屋根を点滅させることができます。あなたは “L”の形の金属の点滅であるステップの点滅が必要です。これらは通常、通常より短い長さです。 6インチの長さがあります。この方法では、うねりの行は、前の各行の点滅と重複している。角度の一番下から始めて上方向に作業してください。

ステップ3 – ステップメソッドによる角度付き屋根の点滅

今度は、点滅が別の点滅を満たしている露出した縫い目をかじる必要があります。また、露出した爪の頭をかしめる。

ステップ4 – コーキングシームと露出ネイルヘッド

点滅の外側の面を流れる水がベースの点滅より遅れないように、カウンターの点滅が必要です。コーキングガンを使用して、ベースの背面の上にある直線をコーキングします。丸い鋸と石造りの刃でレンガに約1.5インチのスロットを切ってください。これは、点滅またはカウンターの点滅が重なってスロットに滑り込むことを可能にする。点滅が取り付けられた後、カシメガンでスロットをシールします。

ステップ5 – カウンタの点滅をインストールする

ベニヤを貫通した水分を外部に戻すためには、壁を通るフラッシングが必要です。レンガベニアの全厚さに取り付けます。時々スルーウォールの点滅はカウンターの点滅と同じになることがあります。

ステップ6 – スルーウォールフラッシュをインストールする

ステップ7 – あなたの煙突を点滅させる

あなたが煙突を持っているなら、それはそれ自身の点滅する問題を提示します。点滅は、ベース、煙突と門との交差点、そして煙突の冠で使用する必要があります。ファウンデーションがレンガを満たす場所で点滅を使用する必要があります。それはレンガの単板からレンガの外面を通って延び、内部のモルタルジョイントで終わっていなければなりません。