ガレージの屋根を断熱する方法

あなたのガレージの温度を調節したい場合に使用できる最良の方法の1つは、ガレージの屋根を断熱することです。あなたのガレージがあなたの家に取り付けられている場合、あなたはあなたの家の温度にも大きな違いがあることに気付くでしょう。温度を調節すると、冷暖房コストにプラスの効果があります。ガレージ屋根を断熱する作業は、いくつかのヒントやヒントに従えば完了するのは難しくありません。ここでガレージ屋根を簡単な手順で断熱する方法についてのガイドがあります。

あなたがする必要がある最初のことは、あなたが使用しようとしている断熱材の種類を選択することです。ガレージ屋根に使用するのに適した2つの主な種類の断熱材があります。それでも、あなたのガレージに適した予め構成された断熱材キットを購入できるかどうかを最初に判断してください。キットを購入するとお金と時間の両方を節約できます。断熱キットが見つからない場合は、購入する断熱材の種類を選択する必要があります。第1の主要なタイプの断熱材は、フォームシースである。これは比較的高いR値を持ちますが、インストーラーにとっては多少不便な場合があります。可撓性および反射性の断熱材は、断熱材の別のタイプです。このタイプはR値が低いかもしれませんが、それはロールに入ってから使用とインストールがずっと簡単です。どちらもあまり浪費しません。材料の選択は、断熱材を使用した場合の予算と全体的な信頼に左右されます。ドアの種類と色に応じて断熱材の色を選択することもできます。

ステップ1 – 断熱材の種類を選択する

断熱材を購入した後、屋根や天井に収まるように断熱材を切断する必要があります。天井を測定して、断熱材の大きさを決定します。ナイフと金属のエッジを使用する必要があります。柔軟性のある断熱材を購入した場合は、このタイプの断熱材が空洞の中に曲がり、しっかりとシールされるので、より広い部分を切断することを検討する必要があります。

ステップ2 – 断熱材の切断

断熱オーバーヘッドを取り付けるには、ピースを屋根のトラスにステープルで固定する必要があります。トラスに収まるように、すべてのピースが同じサイズであることを確認してください。断熱材が屋根の端に安定していることを確認するために、箔テープを使用する必要があります。また、テープは断熱材に空気ポケットがあることを確認します。

ステップ3 – 断熱材を設置する

使用する断熱材の種類が分からない場合は、Rの値と断熱材に精通した専門家に相談してください。また、米国エネルギー省の提案をチェックすることもできます。グラスファイバー断熱材を取り付ける場合は、保護ガラスとマスクを必ず着用してください。ガラス繊維の部分が目に入ってけがをしたり、吸入したり、喉や肺を刺激したりする可能性があります。

余分なヒント – プロフェッショナルと相談する