ダクトにダンパーを取り付ける方法

ダンパーはダクト内の空気の流れを制御します。ダンパーを設置することで、家庭や部屋の異なるレベルへの空気の流れを変えることができます。このようにして、特に夏と冬の間の気温をより良くコントロールできます。ダンパーを追加するときは注意してください。あなたの家のダクトシステムは、個々の空気の流れ、特に新しい家庭を念頭に置いて設計されているはずです。インラインダンパーを設置するのは難しいことではありません。ダクト内にダンパーを設置する方法については、以下のステップごとに説明します。

熱気が上がり、冷たい空気が落ちるのは、科学の基本原理です。ヒーターをオンにしたり、冬にエアコンを使用して夏にあなたの家の温度に顕著な差があることがあります。冬の間、階下が上層階より暖かい場合、逆に夏には、ダクトに設置されたダンパーを使用して、流れを変更し、暖房を最高レベルにカットし、加熱された低レベルの熱上昇。同じことが空調にも適用され、階下への流れを調整し、上の階を冷却して下に置くことができます;手動ダンパと電気ダンパがあります。電気では、タイマーを設置して、日中のさまざまな時間に開閉することができ、ある時間に空気を通過させ、他の空気では通過させないようにすることができます。この記事では、基本的なインストールについて説明します。電気式の接続には、製造元の指示に従ってください。いつものように、電気を扱うときは、作業を始める前にブレーカの電源を切ってください。

ステップ1 – 用語の理解

ダンパーを取り付ける前に、ダクトをきれいにするのは悪いことではありません。あなたのダクトはほこり、ふけ、アレルゲンなどを閉じ込めているかもしれません。これを呼吸したくないだけでなく、最適な空気の流れを損なう可能性があります。

ステップ2 – クリーンダクトワーク

あなたの炉と配管工事を見てください。上の階にダンパーを設置する場合は、ダクトの冒頭にダンパーを置く必要があります。

ステップ3 – インストールの場所を決定する

ダクトの設置場所を決めた後、ダクトの直径を測定します。適切にフィットさせるために同じサイズのダンパーが必要です。

ステップ4 – 測定

ダクト作業を開きます。ダクトの両端に2つの穴を開けます。これらの穴は、ダンパーのあらかじめ穴に合わせてください。締め具をダンパーから取り外し、ダンパーを新しい穴に通して締めます。両側をダクトテープでシールする;電気で動作するダンパーを設置する場合は、設置場所が水源やスプレーと一列に並んでいないことを確認してください。この時点で、製造元の指示に従います。また、始める前にすべての教材を用意しておいてください。あなたは自宅に適切な電源(電源のための家の配線だけでなく、マニュアルを参照)、追加のワイヤー、ワイヤーナット、ワイヤーストリッパーなどが必要になります。接続を確実に接地してください。

ステップ5 – ダンパーの取り付け

季節に応じて手動または電気制御を使用してダンパーを調整し、家のさまざまな場所に空気を流すことができます。

ステップ6 – 季節調整