電源インレットボックスの取り付け方法

電源入力ボックスは、発電機からの電力を家の中に安全に入ることを可能にする重要なゲートウェイです。発電機は有害なフュームを放出するため、家の外に設置する必要があります。発電機が安全に家庭の電源を入れることができるようにするには、電源インレットボックスを安全に外に設置することが重要です。ここでそれがどのように行われます。

ドア、窓、開口部から少なくとも5フィート先の家の外にある場所を探します。発電機からの無色のフュームは、これらの開口部を通して家に入ることができるので、危険なフュームがで​​きるだけ遠くにあることを確認してください。設置場所が地上約2フィート以上であることを確認してください。

ステップ1 – 適切な場所を選択する

ユニットを取り付ける前に、フロントカバーと底板に固定しているネジを外してください。キャビネットの背面には4つまたは3つの穴があります。これらの穴を使用して、装置に付属の取り付けネジを使用して装置を壁に取り付ける。水の浸入を避けるため、ネジの周りにシーラントを塗布してください。配線接続を行う前に、まず回路遮断器の電源を切るか、ヒューズボックスからヒューズを外してください(いずれか該当する方)。

ステップ2 – 電源入力ボックスの取り付け

配線にはユニットにノックアウトがあります。これらのノックアウトを使用して、ユニットに配線を取り付けます。この領域には銅線または認定された配線材料のみを使用することが重要です。コンジットを使用する場合は、壁に穴を開けると、家の内部に入り、ジャンクションボックスに接続できます。ジャンクションボックスがまだ取り付けられていない場合は、転送スイッチの近くにジャンクションボックスを取り付けます。導管を穴に挿入し、導管を導管に挿入します。その後、シーラントで穴をシールして水の浸入を防ぎます。

ステップ3 – 配線手順

電源インレットボックスの内側で、裸線を緑色のリードに接続し、ワイヤーナットで固定します。白い線をニッケルメッキされたネジに接続し、ホットワイヤを端子に接続します。ワイヤーナットで確実に接続してください。

ステップ4 – インストールの終了

配線がインレットに接続された状態で、配線をジャンクションボックスに向かって家庭内に延長します。ジャンクションボックス内のワイヤを接続するときは、カラーコードに従ってください(白からニュートラル、黒から黒、赤から赤まで)。裸線をアース線にも接続します。ワイヤーナットを使用して接続を固定し、ワイヤーをジャンクションボックス内で折り曲げます。

インレットに接続されているワイヤーを折り畳んで、ボトムプレートを元どおりに取り付け直し、ネジで固定します。フロントカバーも閉じてください。サーキットブレーカをオンにし、接続が正常に機能しているかどうかをテストします。