ローマンシェードでリフティング機構をインストールする方法

ローマン・シェードを作成するときは、持ち上げ機構を取り付ける作業に忍耐と精密さをもたらします。これは、スムーズに上げ下げできるように、正しい幅に縫い付けた後で最も重要な作業です。下の指示に従って、持ち上げ紐を取り付け、ヘッドレールに連結してローマンシェードを開閉します。

ステップ1:ヘッドレールを正しい位置に掛けます

ステップ1:ヘッドレールを正しい位置に掛けます

シェードヘッドレールをウィンドウの凹部の内側に吊り下げ、ウィンドウフレーム上部の下側に取り付けて内側マウントを取り付けます。ヘッドレールを窓フレームの上の壁に、またはフレームの上端に外側に取り付けます。

ステップ2:ループ付きベルクロストリップをヘッドレールの前面に取り付ける

ステップ2:ループ付きベルクロストリップをヘッドレールの前面に取り付ける

手順3:コードループを取り付けるためのシェードの準備

ベルクロループのストリップから保護バッキングを取り外します。それは完全にまっすぐなので、ヘッドレールの前にそれを貼り付けます。リップルやエアーポケットを無くすためにしっかりと押してください。

ステップ4:コードをループに通す

手順3:コードループを取り付けるためのシェードの準備

ステップ5:シェードをヘッドレールに取り付ける

シェードの最下端から上端の縫い目まで測定された3本の長さのシーム結合ループテープを切断します。シームバインディングテープをシェードに固定します。外側に2インチ内側にテープを1辺に置きます。外側のテープの中央に3番目のテープを置きます。ループをダウエルと水平に整列させ、日陰のまっすぐな垂直線に注意してください。機械でこれらの細片を縫い合わせ、ダウエルを止めて始める。それぞれのダウエルの上下にシームバインディングループテープを手で固定します。

ステップ4:コードをループに通す

3本のリフトコードを切断します。それぞれは、シェードの長さと幅の合計の長さでなければなりません。各コードを垂直ループテープの下部ループの1つにしっかりと固定し、コードを上部ループまでループテープで回します。

ステップ5:シェードをヘッドレールに取り付ける

シェードを持ち上げて、ヘッドレールのループベルクロストリップの上に引っ掛けたベルクロストリップを押します。アイレットのフックを3本のリフトコードリングと一直線に並んでヘッドレールにねじ込みます。コードが引っ張られる側に4番目のアイレットフックを追加します。各コードを独自のアイレットフックで走行させ、3番から4番のアイレットフックにすべて通します。コードの長さが均等になるようにコードを切断します。それぞれのコードの底にプルコードのドングリを取り付け、3本の結び目を結んで固定します。コードクリートを敷居の上の窓フレームに固定し、コードを小さな子供の手の届かないところに巻き付けます。