キャンプ用rvベントシールの取り付け方法

彼らがRVのキャンプをするために世界に出てくるまで、人々は本当に考えていない何かは、これらのユニットは、適切な換気なしでは本当に速く、ぬるぬると得ることができるということです。これのもう一つの側面は、あなたのベントシールが、ラッチやフードの下面から乾燥したり、割れたり、壊れたりした場合に、驚くような暴風雨の間に本当に濡れることができるということです。もう一つの状況は、あなたのニーズに十分な換気があると感じていないかもしれません。

あなたのユニットには前面にベントがあり、背面にベントがない場合は、新しいベントを設置して、RVのキャンプ中にユニット全体にエアフローを確保します。これにより、外部の風や気圧によって空気が自由に出入りできるようになり、熱を素早く逃がすことができ、涼しくなります。取り付けようとしている区域には、車両の内側と外側の両方に障害物やその他の配線、ライト、デバイスがないことを確認してください。完璧なスポットができたら、ベントケーシングの周りをトレースして、穴の寸法を取得します。

ステップ1 – 良い場所を見つける

あなたの通気孔が開けようとしている屋根の穴を慎重に切断し、作業の際には布の中に大きな布や布を落としてください。これでパーティクルが内部に入らないようにします。あなたは金属のストリップを踏んで、あなたの将来のRVのキャンプ体験を台無しにしたくないです。プロセスのこの部分で正確であることは、オフカットがシールが適切にフィットしなくなり、バグや天気が内部に入り込む可能性があるため、不可欠です。

ステップ2 – 屋根にカット

あなたがRVキャンプをしているときに天気やバグがあなたのドメインに入るのを望んでいないので、縁のまわりの穴の上と下の両方にシーラントの素敵な層を広げ、ベントケーシングをしっかりと押し込みます。これが完了したら、キットに付属しているハードウェアネジの穴を穿孔できます。ベントシステムには多くのメーカーとモデルがあります。追加手順がないことを確認するために、プロジェクトを開始する前に説明書をよくお読みください。

ステップ3 – 換気ユニットの設置

あなたがRVキャンプをしているときにあなたのパーソナルスペースに天気やバグがあっても悪いことはありません。通気孔のシールが磨耗したり破れたりすると、それらを交換することになります。取り外しや交換が可能なシンプルなシールがあるかどうか、またはユニット全体を取り外して新しいシールを取り付ける必要があるかどうかは、特定のベントシステムの製造元とモデルによって異なります。

ステップ4 – 古くなったシールまたは摩耗したシールを交換する