ごみ処理場の設置方法

注:重要な安全に関する情報は、新しいディスポーザーに付属のマニュアルに記載されています。モデル間の重要な設置差異については、個々の製品マニュアルを参照してください。ここで説明する手順は、InSinkErator®Evolution Seriesモデルのインストールの概要です。機種固有の情報、図およびマニュアル、およびインストールの詳細については、www.insinkerator.comを参照してください。

一般的に、このアクティビティの手順は次のとおりです。メインの電気パネルの回路ブレーカがオフになっていることを確認します。電気と食器洗い機の接続を外します。排水口に接続されている既存の配管部品を取り外します。その後、ディスポーザを保持するマウントブラケットを取り付けることができます。次に、電気と食器洗い機の接続を行います。最後に、ディスポーザをマウントしてドレン配管に接続することができます。

ステップ1 – 電気をオフにする

主電気パネルの回路ブレーカをオフにします。

ステップ2 – アプライアンスを切断する

電気と食器洗い機の接続を外します。

ステップ3 – 配管接続を外す

大きなチャンネルロックプライヤーを使用して、シンクから出てくるダウンドレーンパイプとそれをPトラップに接続するコネクターを取り外します。両方の接続が空いているときは、部品を取り外します。ストレーナーをシンクの下の所定の位置に保持する大きなナットを緩めます。ストレーナ本体を取り外します。

ステップ4 – 排水口を清掃する

排水口の端を取り囲む古い配管のパテを清掃します。

ステップ5 – シンクフランジを取り付ける

シンクの排水口の周りに、新しい配管工のパテの1/2インチビーズを置きます。新しいシンクフランジを排水口に落として、所定の位置に押し込みます。ディスポーザーのような重りをシンクフランジの上に置くと、シンクフランジをシンクに取り付けながらシンクフランジを所定の位置に保持するのに役立ちます。シンクやフランジの傷を避けるため、シンクの表面と重りの間にタオルを置きます。

ステップ6 – フランジを所定の位置に保持する

ステップ7 – 取り付け金具を取り付ける

シンクの下から、ファイバーガスケット、バックアップフランジ、および取り付けフランジをシンクフランジの上にスライドさせます。これらの部分を所定の位置に保持する。

次に、取り付けリングとスナップリングを滑らせます。 3つの取り付けネジを締めて、マウント・アセンブリーがシンクの底面に均等にしっかりと固定されるまで、一度に数回ずつ各スクリューを交互に締めます。

食器洗い機を使用する場合は、食器洗い機のノックアウトプラグをタップする必要があります。ディスポーザをその横に置き、ドライバとハンマーを使って取り出します。次に、ディスポーザーの内側から緩いノックアウトプラグを取り外します。

ディスポーザーをシンクの下側に置き、電気接続ができるようにします。再度、回路ブレーカがオフになっていることを確認します。ディスポーザの底にあるプレートを取り外して配線を露出させ、ワイヤナットを使用してワイヤをディスポーザから電源に適合するワイヤに接続します。最後に、適切な接続を使用して電源コードをディスポーザの底に固定します。電線を覆うようにプレートを交換します。

すべてのEvolutionモデルが同様にインストールされます。 3つの取り付けタブを取り付けリングのスライドアップランプに合わせて、ディスポーザを吊り下げます。ディスポーザを所定の位置に保持し、下部の取り付けリングを回して、3つのタブすべてが取り付けアセンブリにロックされるようにします。ディスポーザーは今や単独でハングアップします。

ステップ8 – 食器洗浄機のノックアウトプラグを取り外す

ステップ9 – 電気を接続する

ステップ10 – ディスポーザーを掛ける

放電管を放電カプラに挿入し、クランプを放電管の上にスライドさせ、ゴム製の排気管カプラの溝に挿入します。

ディスポーザを回転させて、排出チューブを排水トラップに合わせます。放電管が長すぎる場合は、必要に応じて管を切ってください。短すぎる場合は、エクステンションを購入することができます。ディスポーザを食器洗い機に接続する場合は、エアギャップを介して接続してください。ホースクランプを使用して、排水ホースを食器洗浄機の入口に取り付けます。

すべてが取り付けられ、正しい位置に取り付けられたら、ユニットに付属のスペアレンチを使用してディスポーザをシンクマウントアセンブリにロックします。静かなCollar®シンクバッフルをシンク開口部に挿入し、シンクにカチッと音がするまで押し込みます。

すべてのモデルで、シンクフランジ、食器洗い機、テールパイプ、およびマウントアセンブリの接続部での漏れをテストする必要があります。最後に、ブレーカをオンにしてその動作をテストします。

ステップ11 – 放電管を取り付ける

ステップ12 – 排水ホースを取り付ける

ステップ13 – ディスポーザを所定の位置にロックする